Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立ソ、不審アプリに復号化させない「秘文」最新版

日立ソリューションズは、機密データを暗号化するソリューション「秘文 Data Encryption」の最新版を、8月31日より提供開始する。

同製品は、パソコンやハードディスク、USBメモリ、ファイルサーバ上のデータを暗号化するソリューション。インストール直後や持ち出し時などに自動で暗号化を行うことが可能。

最新版では、暗号化データに対し、安全性が確認された正規のプログラムのみアクセスと復号を許可するなど、暗号化データの保護機能を強化。正規のプログラムによるアクセスであっても、起動元のプログラムの安全性が確認できない場合はデータへのアクセスを禁止する。

価格は、購入ライセンスが1クライアントあたり1万800円。別途保守費用やサーバライセンスなどが必要。年間ライセンスも用意しており、1クライアントあたり5400円。

(Security NEXT - 2016/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ファイルの不正利用防止ソフトの新版 - ティエスエスリンク
MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス
認証情報の一元管理に対応した指紋認証ソフト - ラトックシステム
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール
ランサム「STOP Djvu」に復号ツール - サイドチャネル攻撃で解析
ランサム「HildaCrypt」に復号ツール - 開発者が復号キーを提供
メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応