Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「宅配便の再配達に料金が発生」 - 国交省職員名乗る詐欺に注意

国土交通省の職員をかたり、「宅配便の再配達に料金が発生するようになった」などとだますあらたな詐欺が発生している。同省が注意を喚起した。

国土交通省の職員を名乗る人物が訪問し、金銭を要求するもので、7月6日に通報があり、判明した。

訪問した人物は、「今後、宅配便の再配達を行う際は消費者が料金を払う必要がある」などと説明。「送り手側にも対応が必要であり、10万円を払うと優先的に扱われる」などと金銭をだましとる。同省の架空の部署名が記載された名刺を持っており、手渡したという。

同省では、宅配便の再配達を削減する取り組みを推進しているが、一般家庭を訪問したり、金品を要求することはなく、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談
SCSKに対するプライバシーマーク付与が1カ月間停止に
ヤマト運輸を装うメールやなりすましサイトに注意を
啓発イベント「サイバー防災」がスタート - 人気キャラ「しろまる」とコラボ
2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系
SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応
フィッシング対策GLが改訂 - 実施すべき要件に「本文中リンクをクリックしないこと」
J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
2022年1Qのセキュ相談、前四半期比4割増 - Emotet関連が約54.7倍