Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年1Qのクレカ不正使用被害は37億円 - 約6割が番号盗用

日本クレジット協会は、2016年第1四半期におけるクレジットカード不正使用被害の発生状況について取りまとめた。

同協会が、クレジットカード発行会社45社を対象に調査を行ったもの。2016年第1四半期にクレジットカードの不正使用で生じた被害額は37億円。前期の34億7000万円を6.6%上回り、前年同期からは39.6%の増加となった。

これら被害額の内訳を見ると、カード番号の盗用による被害が、22億6000万円で全体の61.1%を占める。前期の被害額20億5000万円から10.2%悪化した。前年同期との比較では51.7%増となる。国内外での比率を見ると、国内が57.6%で海外の42.4%を上回った。

一方、偽造カード被害額は、全体の24.3%にあたる9億円。前期の8億2000万円から微増、前年同期の5億円からは4億円の増加となる。国内、海外での比率を見ると、海外が73.3%とおよそ4件に3件を占めた。

(Security NEXT - 2016/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
2023年のクレカ不正利用被害、前年比23.9%増 - 3年間で2倍以上に
2023年4Qのクレカ被害、前四半期から微減となるも高水準
先週注目された記事(2024年3月17日〜2024年3月23日)
フィッシング報告が前月比約35%減 - 悪用URLは約23%増
「クレジットカード・セキュリティガイドライン5.0版」が公開
1月のフィッシング、独自ドメイン使用する送信元メアドが増加
経営者が想定すべきインシデント発生時のダメージ - JNSA調査
「セキュリティ10大脅威2024」 - 個人の脅威は順位表示を廃止