Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省の研究データ、委託先で所在不明に - 機微情報の有無を調査

20160629_so_001.jpg

総務省は、過去に実施された委託研究開発に関するデータが所在不明となっていることを明らかにした。

同省では、2012年度から2014年度にかけて委託研究開発を実施したが、委託先であるNTTアドバンステクノロジにおいて同事業のデータを保存していた外付けハードディスクが所在不明となっているもの。

NTTアドバンステクノロジにおいて、5月27日に保存していたサーバルームからハードディスクがなくなっていることが判明。情報通信研究機構のデータを保存していたとして、同社より同機構へ6月24日に報告が行われたが、その後の調査で、同省のデータが含まれていることも判明したという。

同省では、紛失の報告を受けて対応を開始。機微情報が含まれていなかったか調査を進めている。NTTアドバンステクノロジでは、今回紛失が判明したハードディスクにおいて、90社より委託していた情報が含まれていることを公表しており、保存されていた情報の特定を急いでいる。

(Security NEXT - 2016/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
料金払込票を一時紛失、配送センター洗浄室で回収 - ミニストップ
送迎リスト紛失、車上に置いて走行 - 高齢者福祉施設
障害福祉サービス事業所利用者の個人情報を漏洩 - 横浜市
個人情報含む可能性のある公文書が所在不明 - 大阪市
血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院
ゴミの「ふれあい収集」対象者名簿が所在不明に - 大阪市
患者情報扱うPCが所在不明、店舗リフォーム時に誤廃棄か - 調剤薬局