Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

静岡市の端末から不正通信 - 端末はすでに初期化

静岡市において、市役所の端末からマルウェアが原因と見られる不正な外部通信が行われていたことがわかった。通信記録から判明したもので、端末はすでに初期化済みだという。

同市によれば、同市広報課の端末より、不正な通信を行っていたもの。6月1日に届いたメールを開封したことによりマルウェアへ感染したと見られる。問題の端末は、メール開封後に動作が不安定となり、6月2日にクリーンインストールを行ったという。

6月21日18時ごろに静岡県警より指摘があり、翌22日にインターネットへの通信記録を調べたところ、マルウェアによると見られる不正な通信が2回行われていたことが判明した。

マルウェアに感染したと見られる端末は、マイナンバーや戸籍、福祉など、住民向けサービスが利用するネットワークには接続していないとしている。

(Security NEXT - 2016/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
MSP経由で不正アクセス、提供ソフトにゼロデイ脆弱性 - 三菱パワー
テレワーク環境でマルウェア感染、社内に拡大 - 三菱重工
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
NEC防衛部門の一部サーバに不正アクセス - 内部感染拡大を検知できず
DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も
工場生産ラインの制御システムを保護するソリューション - CEC
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
【特別企画】「CASB」で何がわかるのか? 経営陣を説得した生資料
富士通研、IoTデバイス間の攻撃を遮断する新技術