Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

車上荒らしで会計関連データ含むPCが盗難 - 新日本有限責任監査法人

新日本有限責任監査法人は、監査先の会計関係データを保存したパソコンが盗難に遭ったことを明らかにした。

同監査法人によれば、6月4日に車上荒らしに遭い、監査のため大阪府タウン管理財団から預かっていた情報含むパソコンが盗まれたという。

持ち去られたパソコンには、同財団の会計関係データ2万4019件を保存。2万3584件の個人情報が含まれるが、「氏名」のみであり、他情報は含まれないと説明。パソコンのハードディスクに関しては暗号化を実施していたとしている。

(Security NEXT - 2016/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

海外拠点経由で不正アクセス、情報流出の可能性 - 川崎重工
顧客情報記載の領収証を紛失 - 四国ガス燃料
不正アクセス原因、PWスプレー攻撃の可能性 - 東京企画
2支店で顧客情報記載の伝票綴りを紛失 - 京都中央信金
文書開示請求で原本を誤交付、テープでマスキング - 愛知県
従業員の給与明細など含むUSBメモリを紛失 - 高木工業
登録者の個人情報77万件が流出 - 「アンとケイト」
マイナンバー含む不適切な業務再委託、国税局以外に171万件 - システムズ・デザイン
GMO-PGが情報流出で調査報告 - 「脱Struts宣言」するも再構築まで至らず
顧客情報含む内部資料が所在不明に - 沖縄銀