Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

車上荒らしで会計関連データ含むPCが盗難 - 新日本有限責任監査法人

新日本有限責任監査法人は、監査先の会計関係データを保存したパソコンが盗難に遭ったことを明らかにした。

同監査法人によれば、6月4日に車上荒らしに遭い、監査のため大阪府タウン管理財団から預かっていた情報含むパソコンが盗まれたという。

持ち去られたパソコンには、同財団の会計関係データ2万4019件を保存。2万3584件の個人情報が含まれるが、「氏名」のみであり、他情報は含まれないと説明。パソコンのハードディスクに関しては暗号化を実施していたとしている。

(Security NEXT - 2016/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SCSKに対するプライバシーマーク付与が1カ月間停止に
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
傘下3行で顧客情報含む帳票約4万件を紛失 - 山口FG
釜石市、職員2人を懲戒免職 - 全住民情報を持出、監査の不正操作も
採用関連情報がネットより閲覧可能、権限設定ミスで - エイチーム
顧客情報記載の伝票が所在不明 - イズミヤショッピングセンター
事件関係者の提出文書を紛失、審査に影響なし - 公取委
ライトオンに不正アクセス、会員の個人情報が流出
顧客情報18万件を紛失、自主監査で判明 - 東邦ガス
委託先が名簿を不正にクラウド共有、メール誤送信で発覚 - 厚労省