Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、オリパラCSIRTを2017年度より体制構築 - 2019年には試験運用

政府は、2020年に開催を予定している東京オリンピック・パラリンピックに向け、「オリンピック・パラリンピックCSIRT」を設置し、2019年度には試験運用へ入る計画だ。

政府は、大会運営に影響を与える重要サービスにおいてセキュリティを確保するため、選定した重要サービス事業者におけるリスクマネジメントを実施。さらに体制検討会を通じて政府や関連組織の役割を整理した上で「オリンピック・パラリンピックCSIRT」を設置。これら2本柱で相互に補完しながら推進する。

重要サービス事業者の選定に向けて、政府ではすでにサービス分野の洗い出しやリスク評価の手法について検討を終えており、実施に向けた調整を行っているという。

またCSIRTに関しては、体制の検討や情報共有体制の試験運用、関係者の調整などを進めており、2017年度より体制構築を開始。ラグビーワールドカップが開催される2019年度より試験運用や訓練を行い、2020年の本格稼働に備えるとしている。

20160614_ni_002.jpg

(Security NEXT - 2016/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
「Interop Tokyo Best of Show Award」が発表 - 受賞セキュリティ製品は?
ドメインに「tokyo2021」は使用しない - 東京オリパラ組織委が偽サイトに注意喚起
改正サイバーセキュリティ基本法が成立 - 「サイバーセキュリティ協議会」創設など
4月開催「Interop Tokyo 2020」が中止に - コロナ状況の見通し立たず
総務省、東京オリパラまでに取り組むべきセキュ対策を緊急提言
重要インフラ防護でサイバー演習 - 過去最大約5000人が参加
2020年のMS月例パッチ公開予定日は? - 要注意は8月
ラグビーW杯の便乗詐欺サイトに注意 - 「無料ライブ配信」で誘惑
金融分野のセキュリティレポートを公開 - 金融庁