Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ウェアバレー、アプライアンス向け小規模DB監視ソフト

日本ウェアバレーは、小規模データベース向けの不正アクセス監視ソフト「Chakra Max SE」をリリースした。

同製品は、データベース向け統合監視ソフト「Chakra Max」の小規模データベース向けエディション。小規模データベースにおける不正アクセスを遮断することが可能。アクセス履歴を監査ログとして記録し、監査レポートを作成できる。

同製品は、アプライアンス専用製品として展開。NECエンジニアリングが、サーバにプレインストールしたアプライアンス製品として提供する。

(Security NEXT - 2016/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
サポート切れ製造業システムの移行支援サービス - CEC
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド