Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

消防署で被災証明願など一部書類が所在不明に - 福岡

福岡県の飯塚地区消防本部は、被災証明願や災害情報請求書など一部書類が所在不明となっていることを公表した。

5月30日に、山田消防署において廃棄予定の書類を整理していた際、紛失が発覚したもの。紛失したのは同署が保管していた被災証明願6件と災害情報請求書13件で、個人情報が記載されていた。

同署では、紛失した書類に記載のある関係者に対し、個別に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2016/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む添付書類を紛失 - 瑞浪市消防本部
「Dropbox Sign」の侵害、登録セキスペ向け演習の受講者にも影響
介護保険の高額合算療養費申請書約2500件を紛失 - 横浜市
不妊対策助成事業の一部申請書が所在不明に - 東京都
労務管理クラウドシステムでアクセス権の設定ミス - 個人情報が流出
児童クラブ職員が個人情報含む書類を一時紛失 - 稲沢市
小中学校3校で一部指導要録が所在不明 - 小金井市
県立高校で一部卒業生の指導要録が所在不明 - 広島県
県立高で卒業生約1万人分の指導要録が所在不明 - 広島県
住民票の誤交付問題で富士通Japanに行政指導 - 個情委