Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

消防署で被災証明願など一部書類が所在不明に - 福岡

福岡県の飯塚地区消防本部は、被災証明願や災害情報請求書など一部書類が所在不明となっていることを公表した。

5月30日に、山田消防署において廃棄予定の書類を整理していた際、紛失が発覚したもの。紛失したのは同署が保管していた被災証明願6件と災害情報請求書13件で、個人情報が記載されていた。

同署では、紛失した書類に記載のある関係者に対し、個別に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2016/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
ふるさと納税の受納証明書600人分を別人へ誤送付 - みやき町
ふるさと納税関連書類を誤送付、封入ミスで - 雨竜町
生活保護受給者の複数記録簿が所在不明 - 八尾市
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
物件資料データ送信時に顧客情報を誤送信 - 近鉄不動産
卒業証明に利用する台帳が所在不明 - 横浜市の小学校
ふるさと納税寄付者の個人情報が流出、郵便誤配達で - 八千代市
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市