Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

消防署で被災証明願など一部書類が所在不明に - 福岡

福岡県の飯塚地区消防本部は、被災証明願や災害情報請求書など一部書類が所在不明となっていることを公表した。

5月30日に、山田消防署において廃棄予定の書類を整理していた際、紛失が発覚したもの。紛失したのは同署が保管していた被災証明願6件と災害情報請求書13件で、個人情報が記載されていた。

同署では、紛失した書類に記載のある関係者に対し、個別に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2016/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

特定日の戸籍証明書交付申請書が所在不明に - 枚方市
富士通クラウドサービスへの攻撃 - 侵入の痕跡見つかる
追加調査で文書保存箱の紛失や誤廃棄が判明、あわせて5箱に - 静岡市
住民票や戸籍証明の請求書が箱ごと所在不明に - 静岡市
コロナの自宅療養証明書を異なる住所へ誤発送 - 静岡県
新型コロナ接種証明書アプリのヘルプデスクでメール誤送信
預かった保管文書が箱ごと所在不明に - 丸和運輸機関子会社
マイナンバーカードの交付関連書類が所在不明 - 横浜市
30支店で本人確認書類の管理不備が判明 - 愛媛銀
入国者健康確認システムで不具合、他申請者からパスポートなど閲覧可能に