Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報を記録したSDカードを紛失 - 名大病院

名古屋大学医学部付属病院は、患者12人の個人情報が記録されたSDカードを紛失したことを明らかにした。

紛失したのは診療科医局内で管理していたデジタルカメラ内のSDカード。手術室や外来で患者の患部の画像を撮影し、治療経過を記録していたという。患者12人の氏名と患部の画像が含まれる。

5月1日に医師がデジタルカメラを使用しようとしたところ、SDカードの紛失に気付いた。最後に所在を確認した4月28日以降の行方がわからない状態だという。同日以降に、SDカードを利用していたデジタルカメラが、医局外部へ持ち出された形跡はなかった。

同院では対象となる患者に対し、電話と書面により事情を説明。謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2016/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中学校で災害時に用いる個人票1クラス分が所在不明に - 二宮町
学校施設開放の鍵貸出簿が強風で飛散、一部未回収 - 葉山町
小学校で1クラス分の家庭状況調査書が所在不明に - 大阪市
生徒の個人情報含む医療費支払請求書類が所在不明 - 東京都
個人情報含む添付書類を紛失 - 瑞浪市消防本部
戸籍謄抄本等交付申請書を紛失、保存箱に誤った廃棄時期ラベル - 神戸市
中学校生徒の個人情報含む修学旅行のしおりを紛失 - 仙台市
中学校で災害共済給付制度の同意書が所在不明に - さいたま市
自宅で業務のため持ち出したUSBメモリを紛失 - 静岡県
チーム医療の書類を一時紛失、駅ビルで拾得 - 横市大付属病院