Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

報告は減少するものの、フィッシングサイトは増加

5月にフィッシング対策協議会に寄せられたフィッシングの報告件数は676件で、3カ月連続の減少となった。一方、フィッシングサイトに用いられたURLは増加に転じている。

20160602_ap_001.jpg
フィッシング報告数の推移(グラフ:フィ対協)

同協議会によると、5月に寄せられたフィッシングの報告件数は676件。前月の878件を202件下回った。

2015年12月以降、高い水準で推移し、2016年2月には一時3000件に迫る勢いを見せたが、それをピークに3カ月連続で減少した。

ただし、多い月でも600件程度だった2015年後半と比較すると、決して低い水準とはいえない状態が続いている。

5月に報告数が減少した背景には、金融機関に関連した報告の減少がある一方、オンラインゲームを対象としたフィッシングは依然として報告が多いという。

報告数が減少する一方、フィッシングサイトの誘導先に利用されたURLは、前月から17件増となる305件。報告数と比例して2月より減少傾向にあったが、一転増加に転じた。フィッシングに悪用されたブランド件数は前月から1件減少し、18件だった。

(Security NEXT - 2016/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
フィッシングサイトの8割強がクレカブランドを標的に
フィッシングサイトのURLが過去最多を更新 - 同一IPアドレス上に大量設置
フィッシング悪用ブランド、「au」が世界2位 - 「Emotet」国内活動は7割減
フィッシングサイトの多いブランド、「au」がグローバルで6位に
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
フィッシングサイトの約4割が「三菱UFJニコス」を悪用 - 偽NHKにも注意
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加