Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウイルスバスター」次期バージョンでランサムウェア対策を強化 - ベータ版を公開

トレンドマイクロは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「ウイルスバスタークラウド」の次期バージョンについて、7月31日まで試用できるベータ版を公開した。

同ベータ版は、Windows向けのプログラム。次期バージョンでは、不正プログラムの感染を防ぐ挙動監視機能を強化し、正規プログラムを偽装する挙動を検知する機能を搭載した。同機能は、ランサムウェア対策の面も持つという。

また脆弱性対策機能を強化。脆弱性を悪用する挙動を検知してブロックするほか、攻撃に使われやすい「Adobe Reader」や「Java」のバージョンをチェックし、最新版へのアップデートを促すメッセージをポップアップで表示する機能を搭載した。

同ベータ版は、専用ページからダウンロードできる。6月20日まで利用者からアンケートを募集し、寄せられた意見を今後の製品開発に活かしていく。

(Security NEXT - 2016/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
ランサムウェア「Ziggy」も活動中止 - 復号ツールも登場
ランサムウェア「Fonix」が活動停止 - 謝罪して復号鍵を公開
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
ソフト開発会社がマルウェア開発か - ソフォスが指摘
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
欧米警察が協力、「Emotet」をテイクダウン - 被害チェックサイトも
3月に「JC3 Forum 2021」開催 - サイバー犯罪動向や対応成功事例など紹介
約1.6万人分の個人情報流出を確認、あらたな可能性も - カプコン