Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Flash Playerにゼロデイ攻撃 - Adobeが更新を準備中

Adobe Systemsは、Adobe Flash Playerにゼロデイ脆弱性「CVE-2016-4117」が存在することを明らかにした。修正に向けて準備を進めている。

20160511_as_001.jpg
アップデートの準備を進めているAdobe Systems

問題の脆弱性「CVE-2016-4117」は、悪用することでシステムの制御を奪うことが可能となる脆弱性。「Windows」「Mac OS X」「Linux」「Chrome OS」が影響を受ける。

脆弱性は、「Adobe Flash Player 21.0.0.226」および以前のバージョンに存在。すでに脆弱性を悪用した攻撃が発生しているとの報告を受けているという。

同社では、同脆弱性を毎月定期的に公開しているセキュリティアップデートで修正できるよう作業を進めており、早ければ5月12日に公開したいとしている。

(Security NEXT - 2016/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「iOS 15.0.2」「iPadOS 15.0.2」がリリース - 悪用報告ある脆弱性に対処
わずか3日、「Apache HTTPD」が再修正 - 前回修正は不十分、RCEのおそれも
「Apache HTTP Server」のゼロデイ脆弱性、国内でも攻撃を観測
Google、「Chrome 94.0.4606.71」をリリース - ゼロデイ脆弱性などに対応
Apple、「Security Update 2021-006 Catalina」が公開 - エクスプロイト報告がある脆弱性に対処
Apple、旧端末向けにゼロデイ脆弱性を修正した「iOS 12.5.5」を公開
ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
MS、月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ含む脆弱性60件に対応
Officeファイル開くとコード実行されるゼロデイ脆弱性が判明 - すでに悪用も