Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジュピターテク、端末操作を記録監視する米Teramind製ソリューション

ジュピターテクノロジーは、端末の操作内容を監視、記録する米Teramind製ソリューションの取り扱いを開始した。

「Teramind」は、監視ポリシーに従って端末の操作内容を監視、記録するソリューション。ライブや過去の操作画面を再生できるほか、特定操作を検出し、アラートを出したり、制限することが可能。操作内容を一覧できるダッシュボードや、レポート機能を提供するほか、SIEM製品との連携にも対応する。

価格は、1年間のサポートが付いた5ユーザーライセンスパッケージが17万4960円から。ターミナルサーバライセンスが84万2400円。管理用のアプライアンスは42万1200円から。VMwareやHyper-V向けの仮想アプライアンスは、無償で利用できる。

(Security NEXT - 2016/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
電子決済サービスのセキュリティリスクを評価するサービス - NRIセキュア
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド