Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ケータイキット」の脆弱性攻撃に亜種 - あらたな検知プラグインが公開

Movable Type向けプラグイン「ケータイキット for Movable Type」に深刻な脆弱性が見つかった問題で、従来のチェックプラグインでは検知できないあらたな攻撃が発生している。開発元のアイデアマンズでは、あらたな検知ツールを公開した。

「ケータイキット for Movable Type」の脆弱性に対する攻撃で設置された不正なファイルを発見、検査できる「不正アクセスの検査ツール」を用意したもの。

同社は、「ケータイキット for Movable Type」の脆弱性が発覚し、悪用による被害が発生していることを受け、修正パッチやアップデートを公開するとともに、セキュリティチェック用のプラグイン「KeitaiKit セキュリティチェック」をリリースしているが、「不正アクセスの検査ツール」では、あらたなチェック機能を追加した。

同社によれば、その後従来と異なる攻撃を確認しており、従来のプラグイン「KeitaiKit セキュリティチェック」で検査を行った環境に関しても、今回公開したツールでチェックを行うよう利用者へ呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/05/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
Fortinet、アドバイザリ18件を公開 - 複数製品の脆弱性に対応