Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、クラウドの仮想環境利用したマルウェア解析オプション

ソフォスは、同社ゲートウェイ製品向けにクラウドでマルウェアを解析するオプションサービス「Sophos Sandstorm」を提供開始した。

同サービスは、未知のファイルを受信した際にクラウドのサンドボックス上で実行し、ファイルの挙動を調べる同社セキュリティ製品向けのオプションサービス。対応製品は「Sophos UTM 9.4」および「Sophos Email Appliance 4.0」。

実行時の挙動をクラウド上の仮想環境で解析後、実行の可否についてゲートウェイ製品へ通知する。また脅威のふるまいや解析に関するレポートを参照することも可能。

「Sophos UTM」において、10ユーザーの企業が利用する場合、オプションの初年度における参考価格は、2万7000円。

(Security NEXT - 2016/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
オリコのクレカ不正申込対策で実証実験
エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ
最新「iOS」にゼロデイ脆弱性 - ジェイルブレイクツールが公開される
Apple、iOSアップデートの脆弱性修正内容を公開
Apple、macOS向けにセキュリティアップデート
ブラウザの実行環境を分離するソリューション - NEC
「Firefox 76」、脆弱性11件を修正 - PW管理機能強化も