Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アドバンスデザイン、フォレンジック向けデータ取得ツール

アドバンスデザインは、データ取得製品「CyberCopier」と「Atola Insight Forensic」を発表した。

「CyberCopier」は、ハードディスクなどからデータを取得し、保全するハードウェア製品。対象のパソコンからハードディスクやSSDを取り出すことなく、USB経由で内部のデータを取得できるとしており、効率良くデータを取得できるよう「分散コピー機能」「櫛状コピー機能」を搭載したという。

また物理障害が発生しているハードディスクやSSDからデータを取得する「Atola Insight Forensic」をリリースした。ハードディスクの診断、検査機能、ハッシュ値計算、ファームウェア修復機能、データ消去機能などを提供する。

(Security NEXT - 2016/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

X線読影システムのランサム被害、VPN経由で侵入 - 埼玉県健康づくり事業団
国家関与のサイバー攻撃「ArcaneDoor」 - 初期侵入経路は不明、複数ゼロデイ脆弱性を悪用
光学メーカーのHOYA、生産供給体制が概ね復旧 - 情報流出の影響を調査
ランサム被害、本番環境への影響がないことを確認 - フュートレック
第三者にメールを閲覧された痕跡、詳細を調査 - 東芝テック
「Google Pixel」に2件のゼロデイ脆弱性 - アップデートを
求職情報サイトで遠隔操作やデータ取得の形跡 - 日刊工業新聞
ランサム被害で情報流出のおそれ、調査を継続 - フュートレック
発覚2カ月前にもマルウェア実行の痕跡、情報流出は否定 - こころネット
経営者が想定すべきインシデント発生時のダメージ - JNSA調査