Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバー含むメールを検知し通知するサービス - CITS

キヤノンITソリューションズは、マイナンバー検査機能をクラウドサービスとして提供する「マイナンバー漏えい対策メール検知サービス」を提供開始した。

同サービスは、送信したメールにマイナンバー情報が含まれているか検査し、検知した場合は管理者へメールで通知するクラウドサービス。「GUARDIANセキュリティサービス」のサービスメニューへ追加したもの。

メール本文やパスワードで保護されていない添付ファイルの検査が可能。メールの件名や送信者、送信日時などを通知する。マイナンバーの有無にかかわらず、送信されたメールはそのまま送信されるという。

価格は、初期費用が1万800円。月額利用料が1アカウントあたり162円。

(Security NEXT - 2016/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高額療養費支給申請書を紛失、ゴミと取り違えられた可能性 - 川崎市
介護保険の高額合算療養費申請書約2500件を紛失 - 横浜市
児童相談所で児童の住民票が所在不明に - 福岡県
委託先従業員がマイナカード申請情報を私的利用、好意持ち連絡 - 郡山市
労務管理クラウドシステムでアクセス権の設定ミス - 個人情報が流出
ファイルを取り違え、町民の個人情報を誤って公開 - 綾町
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
マイナンバー含むデータ入力を委託先が無断で再委託 - 熊谷市
一部マイナンバーカードを紛失、フォルダごと誤廃棄か - 鹿児島市
マイナンバーカードが入った生徒の財布を紛失 - 埼玉県の高校