Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバー含むメールを検知し通知するサービス - CITS

キヤノンITソリューションズは、マイナンバー検査機能をクラウドサービスとして提供する「マイナンバー漏えい対策メール検知サービス」を提供開始した。

同サービスは、送信したメールにマイナンバー情報が含まれているか検査し、検知した場合は管理者へメールで通知するクラウドサービス。「GUARDIANセキュリティサービス」のサービスメニューへ追加したもの。

メール本文やパスワードで保護されていない添付ファイルの検査が可能。メールの件名や送信者、送信日時などを通知する。マイナンバーの有無にかかわらず、送信されたメールはそのまま送信されるという。

価格は、初期費用が1万800円。月額利用料が1アカウントあたり162円。

(Security NEXT - 2016/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
マイナンバーや口座情報含む国勢調査員関連書類を紛失 - 大阪市
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
被保険者や求職者情報含むバックアップ媒体を紛失 - 厚労省
マイナンバーカードの住所更新でミス、廃止状態に - 大阪市
新潟県で偽国勢調査員による「かたり調査」が発生
交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似
交付前のマイナンバーカードが所在不明 - 和泉市
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令