Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

処理フローを設定できる個人情報検出ソフト - レピカ

レピカは、個人情報検出ソフトの新製品「P-Pointer File Security」を4月に発売する。

同製品は、クライアントおよびサーバに対応した個人情報検出ソフト。従業員や管理者、リアルライムの検出にくわえ、検出後の処理フローを管理画面から設定し、自動で削除や移動などの処理が可能。ファイルの保存場所や日時、暗号化の有無などの条件を設定した検索に対応している。

参考価格は、PC向けの場合、100ライセンスで64万8000円。ファイルサーバ製品の場合、ディスク容量5Tバイト以下の場合、86万4000円。

今後は、パスワードロック、通知機能、APIによる他システムとの連携なども搭載する予定。また従来製品「P-Pointer」「P-Pointer EXA」についても引き続き併売していくという。

(Security NEXT - 2016/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
個人情報含むファイルを検出し、傾向と対策を示すサービス
SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
Microsoft Defender ATP、ファームウェア経由の攻撃対策を強化
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
Boxにマルウェア検知機能 - サンドボックス解析なども搭載予定
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ