Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MOTEXのMDM、「Windows 10」と「AD」に対応

エムオーテックスは、スマートデバイスの管理ソリューション「LanScope An」の最新版を提供開始した。

同製品は、スマートフォンやタブレット端末の管理ソリューション。資産管理をはじめ、セキュリティ対策、アプリの稼働や端末の位置情報、操作ログの取得が可能。

最新版となる「同Ver.2.5」では、「Windows 10」および「Active Directory」に対応。複数ログオンユーザー環境に対応しており、ログオンするユーザーを変更した場合でも利用できる。さらに、インターネット接続にプロキシサーバを利用する環境でも利用できるようになった。

(Security NEXT - 2016/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Azure AD」に脆弱性 - 更新適用済みだが、利用者側で修正が必要となる場合も
「VMware vCenter Server」のIWAに脆弱性 - 回避策をアナウンス
MS、10月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性1件含む74件を解消
ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
Zohoの「ManageEngine ADSelfService Plus」に脆弱性 - すでに悪用も
MSが月例パッチ公開 - 複数ゼロデイ脆弱性を修正、一部で悪用も
Windowsドメインを乗っ取る「PetitPotam攻撃」 - PoCが公開済み
「Windows印刷スプーラー」にゼロデイ脆弱性「PrintNightmare」 - PoC公開済み
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト