Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MOTEXのMDM、「Windows 10」と「AD」に対応

エムオーテックスは、スマートデバイスの管理ソリューション「LanScope An」の最新版を提供開始した。

同製品は、スマートフォンやタブレット端末の管理ソリューション。資産管理をはじめ、セキュリティ対策、アプリの稼働や端末の位置情報、操作ログの取得が可能。

最新版となる「同Ver.2.5」では、「Windows 10」および「Active Directory」に対応。複数ログオンユーザー環境に対応しており、ログオンするユーザーを変更した場合でも利用できる。さらに、インターネット接続にプロキシサーバを利用する環境でも利用できるようになった。

(Security NEXT - 2016/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
「Samba」に4件の脆弱性 - アップデートがリリース
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ
海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム
クラウドの設定ミスを防ぐ診断サービス - ラック
パッチ適用で終わらぬ「Pulse Secure」脆弱性 - 数カ月後に侵害されたケースも
ADのPWセルフリセット製品にRCE脆弱性 - 報奨金制度で報告
ID-based Securityイニシアティブが発足
MS、月例パッチで脆弱性93件に対処 - 盆休み重なる更新に注意を
パスワードスプレー攻撃が大量発生中 - ウェブメールなど標的に