Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2015年の不正アクセス認知件数は2051件 - 検挙人数は過去最多

警察庁は、2015年における不正アクセス事件の認知、検挙状況を取りまとめた。認知件数は前年を大きく下回る一方、検挙人数は過去最多だったという。

20160324_np_001.jpg
不正アクセス事件の認知、検挙件数推移(表:警察庁)

不正アクセス事件の認知件数は、2014年の3545件から大幅減となる2051件。これは2013年の2951件も大きく下回る水準だった。無料通話アプリがセキュリティを強化し、知人になりすました情報発信が減少したことが影響したという。

一方、検挙件数は前年の364件を上回る373件。検挙人数も170人から微増して173人となり、2000年の不正アクセス禁止法施行以来、過去最多を更新した。

認知や検挙された不正アクセスにおける目的を見ると、「オンラインバンキングにおける不正送金」が最多で74.6%を占めた。次いで多いのが「オンラインショッピングでの不正購入(8.1%)」、「オンラインゲーム、コミュニティサイトの不正操作(4.7%)」「メールの盗み見などの情報の不正入手(4.5%)」と続く。

不正アクセスのうち、パスワード設定の甘さを突かれたケースが35.3%にのぼる。またインターネット上に流出したり、公開されていたアカウント情報を入手し、不正アクセスに用いたケースも17.2%にのぼる。

(Security NEXT - 2016/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ
2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
不正アクセス禁止法違反による年間検挙は816件 - 前年比1.4倍
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表
流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず
2019年上半期の捜査機関開示要請は1625件、79%に対応 - LINE