Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNPら、声で本人認証を行う「声紋認証」の開発を開始

大日本印刷は、ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパンと提携し、音声で本人認証を行う「声紋認証」技術を用いた認証サービスの開発を開始した。

同サービスは、声の特徴を抽出してパターン化した「声紋」を用いて本人を認証するもの。スマートフォンアプリのログインや、オンラインバンキングの取引などで本人認証を行う際、スマホのマイクに向かって発声すると、あらかじめ登録した声紋と照合して本人か判定する。

特定の言葉でなくても認証できるため、録音によるなりすまし対策として、毎回異なる言葉で認証することが可能。また特定の言葉のみ認証可能にするオプション機能も用意する。

同社では、2016年12月のサービス開始を目指しており、2017年から2019年度の3年間で3億円の売上げを目指すとしている。

(Security NEXT - 2016/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
「送信ドメイン認証」導入マニュアルに第3版 - 「DMARC」導入を解説
BSIグループとイエラエセキュリティ、デジタルフォレンジック分野で協業
9月のフィッシングサイト、前月比約26%減 - やや落ち着くも高水準
さまざまな口実でで不安煽る「メルカリ」や「メルペイ」装うフィッシング
サーバがスパム送信の踏み台に、個人情報流出は否定 - 静岡大
NTTドコモ、顔認証のAPIサービスを開始 - 登録画像1枚でマスク着用でも認証
「Salesforce DX」のCLIで作成したURL、誰でも管理画面へアクセス可能に
ドコモオンラインショップでギフトコードの不正購入被害 - 回線認証を逆手に