Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNPら、声で本人認証を行う「声紋認証」の開発を開始

大日本印刷は、ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパンと提携し、音声で本人認証を行う「声紋認証」技術を用いた認証サービスの開発を開始した。

同サービスは、声の特徴を抽出してパターン化した「声紋」を用いて本人を認証するもの。スマートフォンアプリのログインや、オンラインバンキングの取引などで本人認証を行う際、スマホのマイクに向かって発声すると、あらかじめ登録した声紋と照合して本人か判定する。

特定の言葉でなくても認証できるため、録音によるなりすまし対策として、毎回異なる言葉で認証することが可能。また特定の言葉のみ認証可能にするオプション機能も用意する。

同社では、2016年12月のサービス開始を目指しており、2017年から2019年度の3年間で3億円の売上げを目指すとしている。

(Security NEXT - 2016/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性
パロアルト製品に複数の脆弱性 - 深刻なRCE脆弱性も
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
SAP、定例パッチをリリース - CVSS最高値の脆弱性を修正
ウェブサービスの画像認証で15%がログイン断念
「Emotet」対策でパスワード付きzip添付ファイルのブロックを推奨 - 米政府
複数のエレコム製無線LANルータに脆弱性
衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新