Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNPら、声で本人認証を行う「声紋認証」の開発を開始

大日本印刷は、ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパンと提携し、音声で本人認証を行う「声紋認証」技術を用いた認証サービスの開発を開始した。

同サービスは、声の特徴を抽出してパターン化した「声紋」を用いて本人を認証するもの。スマートフォンアプリのログインや、オンラインバンキングの取引などで本人認証を行う際、スマホのマイクに向かって発声すると、あらかじめ登録した声紋と照合して本人か判定する。

特定の言葉でなくても認証できるため、録音によるなりすまし対策として、毎回異なる言葉で認証することが可能。また特定の言葉のみ認証可能にするオプション機能も用意する。

同社では、2016年12月のサービス開始を目指しており、2017年から2019年度の3年間で3億円の売上げを目指すとしている。

(Security NEXT - 2016/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員が不正ログイン被害、なりすましメールが送信 - 国立環境研究所
「Apache httpd 2.4.48」がリリース - 脆弱性8件を修正
「ウイルスバスター for Home Network」に3件の脆弱性
SAP、6月の月例パッチを公開 - 適用優先度高い脆弱性も
FBI、「FortiOS」脆弱性について再度注意喚起 - 5月以降も被害が
4月は暗号資産狙うフィッシングサイトが増加
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多
SAML認証ライブラリ「Lasso」に脆弱性 - ライブラリ依存の幅広い製品へ影響
ラック、金融犯罪対策に注力 - 新組織を立ち上げ
主要行、「SPF」の利用進むも約7割が「DMARC」未導入