Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

認証サービス向けにセキュアブラウザオプション - ソフバンテク

ソフトバンク・テクノロジーは、認証サービスに「OSG Browser」を追加し、3月23日より提供開始する。

ウェブサイト閲覧時のデータを端末上に残さないブラウザ機能を、同社アクセス制御サービス「Online Service Gate」および認証サービス「ADFS on Cloud」向けにオプションとして提供するもの。

「ID」「パスワード」による認証と、デバイスIDの二要素認証により、Office365など業務システムへのアクセスを制御した上で、「Cookie」や「キャッシュ」などを削除し、端末上へのデータが残存することを防止する。

また「URLフィルタリング」「ファイルのダウンロード抑止」「クリップボードや画面コピーの抑止」「ベージの共有抑止」「脱獄やルート化された端末の使用抑止」などの機能も搭載している。

基本サービスである「Online Service Gate」と組みあわせて利用した場合の価格は、端末1台あたり月額205円。

(Security NEXT - 2016/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
SISとAeye、サイトの脆弱性診断サービスの提携拡大
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
ブラウザの実行環境を分離するソリューション - NEC
重要インフラ事業者向けに在宅端末の無償リスク評価サービス
ブラウザ分離技術のLight Point Securityを買収 - McAfee
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS
ウェブ閲覧環境分離するアイソレーションサービスを開始 - インテック
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加