Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

滋賀県職員狙うマルウェアメール - 外部関係者に注意呼びかけ

滋賀県は、同県を発信元と装い、マルウェアを送りつけるメールが発生しており、同県以外の組織に対しても同様のメールが送信される可能性もあるとして注意を喚起した。

滋賀県庁のドメインを用いた「documents@pref.shiga.lg.jp」を発信元とするメールが確認されたもの。同県によれば、3月2日2時過ぎから5時過ぎにかけて職員へ立て続けに3通届いたという。職員はいずれも開封しなかった。

メールの件名と本文は英語で記載されており、zipファイルを添付。同県でファイルをVirusTotalで調べたところ、9製品でマルウェアとして判定され、マルウェアと判断した。

今後、同様のメールが県職員以外にも送信される可能性があるとして、同県では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Microsoft Edge」にアップデート - 脆弱性21件を解消
悪用確認されたPHPの脆弱性などに注意喚起 - 米当局
Palo Altoがアドバイザリ4件を公開 - 「Cortex XDR」などに脆弱性
「Apache Submarine」に脆弱性 - 5月にプロジェクト終了、修正予定なし
Arm製「Mali GPUカーネルドライバ」の旧版に脆弱性 - 悪用も
「PHP」に深刻な脆弱性、Windows版に影響 - アップデートがリリース
米当局、Linuxカーネルの脆弱性など3件を悪用リストに追加
Check Point機器の脆弱性、当初発表よりも影響大 - 国内で多数機器が稼働
「WooCommerce」向けソーシャルログインプラグインに脆弱性 - パッチ未提供