Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

滋賀県職員狙うマルウェアメール - 外部関係者に注意呼びかけ

滋賀県は、同県を発信元と装い、マルウェアを送りつけるメールが発生しており、同県以外の組織に対しても同様のメールが送信される可能性もあるとして注意を喚起した。

滋賀県庁のドメインを用いた「documents@pref.shiga.lg.jp」を発信元とするメールが確認されたもの。同県によれば、3月2日2時過ぎから5時過ぎにかけて職員へ立て続けに3通届いたという。職員はいずれも開封しなかった。

メールの件名と本文は英語で記載されており、zipファイルを添付。同県でファイルをVirusTotalで調べたところ、9製品でマルウェアとして判定され、マルウェアと判断した。

今後、同様のメールが県職員以外にも送信される可能性があるとして、同県では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
資金決済業者連携におけるクレカの不正防止対策GL - 日クレ協
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング