Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Cisco WSA」にサービス拒否の脆弱性

Cisco Systemsのウェブセキュリティ製品「Cisco Webセキュリティアプライアンス(WSA)」が一時的なサービス拒否に陥る脆弱性が含まれていることがわかった。

同製品において、HTTPSパケットの処理に脆弱性「CVE-2016-1288」が判明したもの。細工したHTTPSパケットにより、サービス拒否を一時的に引き起こすことが可能だという。

同社は、脆弱性を解消するアップデート「AsyncOS 8.5.3-051」「同9.0.0-485.」を提供している。

(Security NEXT - 2016/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ビデオ会議サービス「Zoom」に複数脆弱性 - 最新版へ更新を
「Hyper-V」や「HFS」など脆弱性3件の悪用に注意喚起 - 米政府
Adobeがアドバイザリを公開、3製品の深刻な脆弱性を解消
「FortiOS」にXSSなど複数の脆弱性が判明
MS、7月の月例パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応
「PHP」の脆弱性、国内でも被害発生 - IPAが注意喚起
OpenSSHの「regreSSHion」レビュー時にあらたな脆弱性見つかる
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
「Ghostscript」の脆弱性に注意 - 3月と5月の更新で修正済み