Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ユニセフ協会、ベッキーさんの寄付履歴を開示したとされる週刊誌報道を否定

日本ユニセフ協会は、週刊新潮による報道で、特定個人の同協会に対する募金履歴を同協会関係者が語ったとされる記事に対し、開示した事実はないとのコメントを発表した。

問題とされるのは、同誌が2016年3月3日号で「ゲス川谷と決別! ベッキーの告解」として報じた特集記事の一部。同記事ではタレントのベッキーさんによる募金活動について言及し、ユニセフ関係者の話として募金により5棟の校舎がアフリカに建設されたと報じている。

これに対し、日本ユニセフ協会は、同誌より電話取材があったことを認める一方、「個人情報保護や法令遵守の理由から、寄付の履歴を開示できず、寄付の有無について肯定も否定もできない」と回答したとコメント。外部の第三者に開示した事実はないと否定した。

(Security NEXT - 2016/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
IPA、サイト脆弱性対策ガイドを改訂 - 一見問題なくとも脆弱性対策を
LINE、中国におけるコミュニケーション関連の開発運用を中止
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
個人情報含むメールを誤って別の事業者に送信 - 東京都
「Adobe Photoshop」「Adobe Animate」に脆弱性 - アップデートがリリース
総務省、通信の秘密や個人情報の流出で楽天モバイルに行政指導
MS、3月の月例セキュリティ更新を公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応