Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パソコン向けLINE、特定の投稿表示でクラッシュ

WindowsやMac OS X向けの「LINE」に、特定の投稿でクラッシュさせることが可能となる脆弱性が含まれていたことがわかった。すでにサーバで対策が講じられているほか、脆弱性を修正したアップデートも用意されている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、WindowsやMac OS X向けに提供されている「LINE」に脆弱性「CVE-2016-1156」が存在。タイムライン上に特定の内容を表示すると異常終了するという。

今回の脆弱性は、KDDIシンガポールの小勝純氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告し、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。LINEでは、今回の報告を受けてサーバで対策を実施。また脆弱性を修正したアップデートを公開している。

(Security NEXT - 2016/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
サーバ運用監視ソフト「Cacti」にアップデート - 複数脆弱性を修正
「IBM Security Guardium」に複数脆弱性 - パッチの適用を
NetflixのOSS「Genie」に脆弱性 - アップデートを提供
「Ivanti」の5製品に脆弱性 - 修正パッチがリリース
NAS向けにアップデートを公開、脆弱性5件を修正 - QNAP
マルウェア「Kinsing」、脆弱な「Apache Tomcat」サーバを攻撃の標的に
Cisco、アドバイザリ6件を公開 - 「Firepower 」などの脆弱性を修正
PBXサーバ「Asterisk」に脆弱性 - 不正通話のおそれ
QNAP、アドバイザリ4件を公開 - 「QTS」の深刻な脆弱性など解消