Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Lockyランサムウェア」が国内外で猛威 - マクロを有効化させる巧妙手口も

Wordのマクロを通じて感染し、拡張子を「.locky」に変更する新種のランサムウェアが国内外で拡散しており、複数のセキュリティベンダーが警戒を呼びかけている。

20160218_ci_001.jpg
ダウンローダーとなるWordファイルの検知状況(画像:ESET)

「lockyランサムウェア」は、ダウンローダーとなるWordファイルをメールで送り付け、同ファイルのマクロにより感染するマルウェア。メールは請求書などを装って拡散し、日本語を含む複数の言語で流通。国内外で多数検知されている。

20160218_so_001.jpg
ソーシャルエンジニアリングを用いたWordファイル(画像:Sophos)

感染するとユーザーの意図に反して暗号化し、拡張子を「.locky」に変更。デスクトップの壁紙に脅迫文を掲載して、0.5〜1BTCのBitcoinを要求する。シャドウコピーを削除する機能を備えるほか、ファイルサーバなどのファイルも暗号化するという。

英Sophosが検知したケースでは、マクロをオフにしているユーザーへの対策として、問題のWordファイルに文字化けしたように見せかける文字列を記載。「エンコーディングが誤っている場合は、マクロを有効化してください」などとだまし、マクロを有効化させて感染させるソーシャルエンジニアリングの手口を用いていた。

20160218_ci_002.jpg
デスクトップに表示される脅迫文(画像:キヤノンITS)

またESET製品を扱うキヤノンITソリューションズによれば、国内に対しても「請求書」を偽装したメールが送信されており、感染後に生成される身代金を要求するファイルや、デスクトップの壁紙なども日本語の文章が用いられていた。国内でも多数検知しており、2月17日に国内でESETで検知されたマルウェアの21.2%を占めたという。

こうした状況を受け、セキュリティベンダーは、脆弱性の修正やセキュリティ対策ソフトの活用、データのバックアップなどをランサムウェアへ注意するよう呼びかけている。

また感染活動にはマクロが用いられており、同機能をオフにしたり、添付ファイルを開く際には、マクロ機能を利用できないマイクロソフトのViewerアプリの活用などを勧めている。

(Security NEXT - 2016/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fortinet製VPN使う脆弱なホスト情報が公開 - 平文パスワードなども
ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
ランサム攻撃受けた国内企業の約3割が身代金払う - 平均1.23億円
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
朝日インテックでシステム障害 - ランサム感染被害で
米政府、医療分野を標的としたランサムウェアに注意喚起 - DNSで通信して検知回避
サーバ9割以上が暗号化被害、セキュ対策ソフト削除も - 鉄建建設
「Emotet」対策でパスワード付きzip添付ファイルのブロックを推奨 - 米政府
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験