Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デル、BIOSのマルウェア感染検証機能をビジネスPC向けに

デルは、ビジネスパソコン向けにBIOSの検証機能「POSTブートBIOS検証ソリューション」を発表した

同ソリューションは、BIOSの安全性を検証する機能を提供するもので、同社があらたに提供する米Cylanceの技術を採用したエンドポイントセキュリティソリューション「Dell Data Protection | Endpoint Security Suite Enterprise」の付加機能として提供する。

同認証機能では、マルウェアに感染した可能性のあるデバイス上でなく、クラウドを用いて端末のBIOSイメージを同社のBIOSラボの公式基準値と比較することで脅威の有無を診断。BIOSが侵害されていないか検知できる。

1月上旬に発表した「Latitude」の新シリーズをはじめ、一部の「Dell Precision」「OptiPlex」「XPS」「Dell Venue Pro」など、第6世代インテルCoreプロセッサーを搭載した同社端末に対応している。

(Security NEXT - 2016/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュアブート回避の脆弱性「BootHole」が判明 - LinuxやWindowsに影響
Microsoft Defender ATP、ファームウェア経由の攻撃対策を強化
レクサスなど複数トヨタ車DCUに「BlueBorne」脆弱性
ヤマハ製の複数ネットワーク機器に脆弱性 - 停止や再起動のおそれ
MS、月例パッチで脆弱性99件を解消 - ゼロデイ脆弱性も修正
プレゼン会議システムに複数脆弱性 - 一部修正した更新が公開
MS、月例パッチで脆弱性79件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
車載システム向けにログ分析型攻撃検知技術 - 三菱電機
アクロニス、バックアップソフトに新版 - ランサム対策を強化
「スリープモードは脆弱」 - HDD暗号化済みPC内部へアクセス可能となる問題が判明