Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NISC、初心者向け「情報セキュリティハンドブック」公開

サイバーセキュリティ月間のスタートにあわせ、初心者向けにセキュリティ対策の基礎知識をまとめた「情報セキュリティハンドブック」が公開された。無償でダウンロードできる。

20160202_ni_001.jpg
情報セキュリティハンドブック

同ハンドブックは、インターネット初心者でもわかりやすくセキュリティ対策の基本的な知識を解説したもの。内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が提供し、同センターのサイトやポータルサイト「みんなでしっかりサイバーセキュリティ」よりダウンロードできる。

サイバー攻撃の勢いが増しており、被害を防ぐためにはパソコンやスマートフォンの利用者各自でセキュリティを向上させることが重要であるとし、対策を紹介している。

サイバー攻撃がどのように行われるのか攻撃例を解説し、サイバー攻撃以外のネット犯罪やトラブルのほか、心理的な隙を突く「ソーシャルエンジニアリング」についても説明。

被害を防ぐための対策として、セキュリティ対策ソフトの活用や、脆弱性の修正、パスワード管理、多要素認証など、セキュリティ対策を学ぶことができる。

(Security NEXT - 2016/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス
IoT開発者向けのセキュリティ手引書を公開 - SIOTP協議会
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド
マルウェアの解析支援ツールを無償公開 - BlackBerry
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ