Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

正規サイトそっくりのアマゾン偽サイトに注意を

オンライン通販のアマゾン(Amazon.co.jp)を装ったフィッシングサイトが確認された。アカウント情報などを詐取されるおそれがあり、関連機関が注意を呼びかけている。

20160201_ap_001.jpg
確認されたフィッシングサイト(画像:フィッシング対策協議会)

問題の偽サイトは、メールアドレスやパスワードといったアカウント情報の詐取を目的に、正規サイトのデザインを盗用して作成されている。2月1日の時点で稼働が確認されている。フィッシング対策協議会では、類似サイトが今後公開されるおそれもあるとして、注意を呼びかけている。

Amazon.co.jpの正規サイトでは、クレジットカードを登録できる上、通信販売にくわえてオンラインギフト券も扱っている。

これまで送信したことがないメールアドレスへギフト券を送る場合、クレジットカード情報の再入力を求められるため、第三者がメールアドレスとパスワードを入手しただけではすぐに不正購入できない。しかし、フィッシングをはじめ、何らかの方法でクレジットカード情報も奪われると、換金しやすいギフトカードが購入され、大きな被害へつながるおそれがある。

アマゾンジャパンでは、「Amazon.co.jp」から送信されたメールであるか識別する方法をアナウンス。米国の「Amazon.com」では、セキュリティ強化策として2015年11月に2段階認証を導入しているが、国内向けサイト「Amazon.co.jp」ではまだ導入されていない模様だ。

(Security NEXT - 2016/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
複数クレカブランドでフィッシング攻撃 - 本文でアクセス促さない「さりげない手口」も
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市