Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

児童の個人情報入り私物USBメモリを紛失 - 船橋市

千葉県船橋市の小学校教諭が、児童159人の名簿などを保存した私物のUSBメモリをズボンのポケットに入れて持ち出し、紛失していたことがわかった。

同教諭が、1月26日に学校へ出勤した際に紛失に気付いたもの。1月25日に帰宅する際、USBメモリをズボンのポケットに入れて持ち出しており、その後の所在がわかっていない。

問題のUSBメモリには、1年生全クラス159人分の名簿と体力テストデータのほか、同教諭が2013年度と2014年度に担任した児童各32人の名簿や成績、写真、および現在の担任児童32人分の成績と写真などが保存されていた。

個人で所有するUSBメモリの業務利用は禁止されており、個人情報を持ち出す際にも許可が必要だが、ルールが守られていなかった。

今回の問題を受けて同市教委は謝罪。今後再発防止策を徹底したいとしている。

(Security NEXT - 2016/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童情報含む私物のUSBメモリを紛失 - 広島大付属小
小学校教諭が児童の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 鳥栖市
児童クラブ職員が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 草加市
職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
11年前の紛失個人情報、道などへ繰り返し匿名送付 - 5月にも3回
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県
実習中の学生が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県大