Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

手話通訳者登録試験で別人の受験票を誤送付 - 堺市

大阪府堺市は、1月18日から20日にかけて実施を予定している手話通訳者登録試験の受験票を送付した際、92人の受験者に対し誤って別の受験者の受験票を送付していたことを公表した。

問題の受験票は、1月8日に送付したもので、同月10日に受験者から別人の受験票が届いたとの連絡があり、翌11日に送付状況を調査したところ、全受験者94人のうち92人に対し、他人の受験票を送付していたことが判明した。

受験票の郵送に使用する受験者一覧について表計算ソフトで並び替えたが、その際に氏名と住所のデータのずれが生じたのが原因だという。同市では対象となる受験者へ電話で連絡。また書面で謝罪し、正しい受験票を送付する。

(Security NEXT - 2016/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報記載の乳がん検診受診票を誤送付 - 墨田区
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
DV被害者の個人情報を加害者へ誤送付 - 札幌市
誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市
都営住宅居住者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都
異なる認定こども園へ書類を誤送付 - 大阪府
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府
里親措置児童や里親の個人情報含む文書を誤送付 - 新潟県
税額決定通知書を異なる事業所へ誤送付 - 西宮市