Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SCSK、標的型攻撃の監視防御サービス

SCSKは、組織に対する標的型攻撃の監視や、不正通信の遮断による防御を行うサービスを提供開始した。

同サービスは、米Lastlineのサンドボックスを活用したサイバー攻撃への対策サービス。「標的型攻撃監視サービス」では、マルウェアの検出状況を同社の監視センター「SCSK SOC」で監視。検知時は分析を行い、顧客の環境に応じた対策を連絡する。

一方、「標的型攻撃防御サービス」では、監視サービスに加え、ネットワーク機器を運用し、必要に応じて不正な通信をブロックし、情報漏洩など被害の拡大を防ぐ。

価格は、1000ユーザー契約の場合、1ユーザーあたり年額1万6200円。同社では1年間で10社のサービス導入を目指し、サービスを展開していく。

20160114_ss_001.jpg
サービス概要(図:SCSK)

(Security NEXT - 2016/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
「Adobe Acrobat/Reader」に14件の脆弱性、アップデートが公開 - すでにゼロデイ攻撃も
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
都内中小企業のセキュリティ対策支援事業を実施 - 東京都
生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
標的型攻撃メール訓練を刷新、セルフ実施を支援 - ラック