Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京海上日動、AWSに特化した損害保険をリリース

東京海上日動火災保険は、アマゾンウェブサービス(AWS)の利用者向けに損害賠償保険の販売を開始した。

新商品は、AWSの利用者向けに特化したサイバーリスク保険。同社が従来より提供しているサイバーリスク保険をカスタマイズし、AWS利用者を対象とした保険を開発した。

従来は、被保険者のIT事業全体を補償対象としたが、新商品では対象事故をクラウドサービスの障害に限定。利用者自身がコントロールできない特定のインシデントにより発生した損害において、第三者に対する損害賠償や弁護士の費用を補償する。また損害発生時には事業者の紹介サービスなども提供する。

(Security NEXT - 2016/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開
サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
eスポーツ主催者向けに保険、サイバー攻撃にも対応 - 東京海上日動
TMI P&Sと東京海上日動、サイバーリスク保険分野で提携
サイバー保険付帯した新規開業税理士向け業務ソフト - エプソン
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業