Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カード不要、指紋だけで本人認証するシステム - イオン銀が実証実験

イオン銀行は、店頭やATMでの手続き時に、指紋認証のみで本人認証を行うあらたな取引システムについて、実証実験を2月15日より開始する。

同システムは、店頭での各種手続きやATMを利用する際の本人認証を、指紋認証のみで行うもの。従来は取引時に指紋認証以外にもキャッシュカードなどが必要だったが、事前に指紋を登録しておくことでこれらを不要とするほか、印鑑、本人確認書類なども持参せずに銀行取引を実現するとしている。

同行は、同システムの導入により、利用者の利便性向上や、災害時に指紋のみで銀行取引が可能となるほか、銀行におけるコスト削減などをメリットを挙げている。

同システムには、Liquidが開発した大規模高速化認証システムを使用しており、同システムの専用サーバをデータセンター内に設置して活用する。指紋画像は暗号化により復元不可能な状態で保有すると説明している。

実証実験を東京都千代田区で一定期間実施し、その結果を検証したうえで対応店舗やATMを拡大する。また、オンラインバンキングでの活用も視野に入れているという。

(Security NEXT - 2016/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
顔認証決済の自販機を実証実験 - ダイドードリンコ
日本ユニシスとソフトバンク、セキュリティ新会社を設立
事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協
セキュアIoT生体医工学の拠点形成で研究成果を発表 - TDU
SBISecSolとNECで新会社、金融機関向けソリューションを展開
「Android 10」に対応したセキュアコーディングガイド新版
NEC、新生児の指紋認証に成功 - 新興国の身分証明に活用
生体情報より作成した公開鍵で認証するソフトウェア - 日立ソ
認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム