Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報流出企業では半数が「買い物しない」 - ジェムアルト調査

個人情報の漏洩を起こした企業で、再び買い物をすることは「まずない」と答えた消費者が、49%とほぼ半数にのぼるとの調査結果をジェムアルトが取りまとめた。

同社が、10月と11月に米国、ブラジル、英国、オーストラリア、フランス、ドイツ、日本の消費者計5750人を対象に調査を実施したもの。オンラインバンキングやSNS、オンラインショッピングを積極的に利用するユーザーを対象に実施し、日本では750人が回答した。

同調査によれば、49%と2人に1人は、個人情報の漏洩を起こした企業で買い物や取引はしないと回答。さらに盗難被害にあった情報が金融関連情報の場合、64%がそうした企業で再び買い物をしたり、取り引きすることは「まずない」と答えたという。

69%は顧客情報の保護や安全管理に対する責任は企業側にあると回答。情報漏洩被害の経験がある回答者の23%は、個人情報の漏洩を起こした企業に対して、訴訟を起こしたり、起こすことを検討すると回答した。

その一方、情報漏洩に関しては、ユーザー側の責任も垣間見られた。今回の調査では、54%がパスワードを使い回しをしていた。またSNSにおいて二要素認証を利用するユーザーも25%にとどまる。31%が情報漏洩の被害に遭ったことがあり、その原因を見ても「不正なウェブサイトへの訪問(42%)」「フィッシング攻撃(40%)」「不正なサイトへのリンクのクリック(37%)」などが目立った。

(Security NEXT - 2015/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
スマホ運用のセキュリティ対策チェックシートに新版 - JSSEC
「改正個人情報の保護法」のガイドライン改正でパブコメ実施
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
個情委、LINEへ委託先監督義務で行政指導 - 外国第三者提供については指導なし
総務省、LINEに行政指導 - 安全管理や利用者への説明不十分
スピーディで手軽な「eKYC」 - 「個人情報漏洩」への不安も
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
IPA、サイト脆弱性対策ガイドを改訂 - 一見問題なくとも脆弱性対策を