Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソースポッド、添付ファイルの一時保管サービスを提供

ソースポッドは、受信したメールの添付ファイルをクラウド上で保管するサービス「SPC Mailホールド」を、2016年3月下旬より提供開始する。

ソリューションは、メールの添付ファイルが受信ボックスに到着する前の段階で一時的に保管するクラウドサービス。メール本文のヘッダに添付ファイルのダウンロードURLを差し込み、受信者は必要に応じて添付ファイルをダウンロードする。

一部クラウドやオンプレミス環境において、二重に圧縮したzipファイルや、パスワードを設定したzipファイル、実行ファイルなどを受信できないといった声に応えて開発したという。

実行ファイルなどは、メールを利用したマルウェアの感染活動に用いられており、受信できると感染リスクが高まるおそれがあるが、同社では今後対策として「添付ファイル無害化オプション」を提供する予定だという。

(Security NEXT - 2015/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ドコモメール」が「DMARC」「DKIM」のチェックに対応
期間限定で大規模企業に「Emotet」の感染調査を無料提供 - ラック
SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応
20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
スマホ向けにトラブル補償付きセキュリティパック - ソフトバンク
家庭向けIoT機器のマルウェア感染や脆弱性状況を無料で検査するサービス
法人向けにオンラインのセキュリティ教育サービス - カスペ
UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
「Log4Shell」の有無やログ内の攻撃痕跡を無料調査 - SHIFT SECURITY
最大7年分のPC操作ログを保管、検索できるクラウドサービス