Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法人向けKasperskyのWindows版に暗号化機能 - 不正USBデバイスへの対策機能も

カスペルスキーは、法人向けWindows用セキュリティ対策ソフト「Kaspersky Endpoint Security for Windows」の機能を強化した。

最新版では、「Windows 10 Pro」「同Enterprise」をサポート。ファームウェアを書き換えられ、キーボードになりすますUSBデバイス経由の攻撃を防御する機能を追加した。具体的には、キーボードの接続を認識した際にポップアップ画面を表示し、ランダムな数値の入力を要求することで不正端末ではないか確認する。

また「Kaspersky Endpoint Security for Business Advanced」には暗号化機能を追加。ディスク単位の暗号化はもちろん、指定した拡張子やフォルダにあるファイルを暗号化することも可能。リムーバブルドライブの暗号化にも対応している。

統合管理ツール「Kaspersky Security Center」より一元管理できる。価格は10クライアントで3万4992円から。

(Security NEXT - 2015/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

FFRI、消費者や小規模事業者向けセキュ対策ソフトに新版
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
「FFRI yarai」に新版、ログの収集機能を強化 - FFRI
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース