Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDI、法人向けファイルストレージのセキュリティ機能を強化

KDDIは、法人向けファイルストレージサービス「KDDI ファイルストレージ」において、端末認証やアクセス制限などセキュリティ機能を強化した。追加料金なしで利用できる。

今回の機能強化により、ユーザーIDごとに利用を許可する端末や、ブラウザやアプリなどのアクセス方法を管理者が指定できるようになった。

「iOS」や「Android」などスマートデバイス向けアプリでは、保存ファイルのリモート消去や初期化機能を搭載。iOS用アプリでは、さらにユーザーごとにファイルの保存を禁止する機能や、ファイル保存時の暗号化機能、保存したファイルを指定日数後に自動削除する機能などを用意している。

(Security NEXT - 2015/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

バックアップ製品に新版、ランサム対策も - ベリタス
複数ソースのログを分析、課題と対策をレポートするサービス - 網屋
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
パケットを分析、長期管理できるソリューション - テリロジーワークス
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
Boxにマルウェア検知機能 - サンドボックス解析なども搭載予定
個人向けバックアップソフトに新版 - クラウドへの自動コピーに対応
中小企業向けにデータレスPCのレンタルサービス
ALSIの暗号化ソフト、ストレージソフト「Proself 」と連携