Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教育委員会職員が個人情報記載のノートを紛失 - 尾道市

広島県尾道市は、児童の個人情報などが記載された個人所有のノートを、教育委員会事務局の職員が紛失したことを明らかにした。

同市によれば、12月4日22時にノートが見当たらないことに気付いたもので、捜索したが見つからず、8日に警察へ届けた。ノートは18時30分まで確認されていたが、その後の所在がわからないという。

問題のノートには、複数児童の氏名や学校名、個人の状況、業務上の連絡内容が記載されていた。また市内の小中学校管理職の自宅電話と携帯電話番号、教育委員や委員会管理職の携帯電話番号など含む管理職一覧表が挟んであったという。

(Security NEXT - 2015/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保険契約者の個人情報含む資料を紛失 - 日生グループの保険代理店
生徒から回収した同窓会登録用紙が所在不明に - 大阪府立高
個人情報含むデジカメ紛失、文化財調査の移動中に - 府中市
個人情報を含む行政文書が所在不明に、文書移管時に判明 - 奈良県
4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市
シニア弁当宅配サービスで個人情報を紛失 - 自治体からの受託分も
民生委員の閲覧名簿が市庁舎内で所在不明に - 函館市
ワクチン接種会場で名簿紛失、被接種者の返却書類に - 名古屋市
通学バス委託先で児童の個人情報含むメモを紛失 - 大阪府
実習中の学生が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県大