Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県委託の結婚相談所でシステム障害、氏名を誤表示 - 宮崎県

宮崎県が宮崎商工会議所に委託運営しているみやざき結婚サポートセンターでシステム障害が発生し、一時会員の氏名が関係ない別の会員から閲覧可能な状態だったことがわかった。

12月3日から5日の間、同センターのウェブサイトでシステム障害が発生。会員マイページにおいて、本来は非公開となる会員氏名がほかの会員から閲覧できる状態となっていた。

同センターではサイトの全システムを停止して、システムチェックおよび改修を行い、安全が確認できたとするコンテンツから11日より順次再開。また対象となる会員には、個別に連絡するなどの対応を行っている。

(Security NEXT - 2015/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

総務省のシステム情報が富士通から流出 - 過去ログ調査で判明
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
サーバ3台がランサムウェア被害 - 岡野バルブ製造
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
不正アクセスで個人情報約6.5万件が流出か - 日清製粉関連会社
健康食品扱う複数通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
8月に発生したメール誤送信を公表 - 響愛学園
障害福祉サービス事業所利用者の個人情報を漏洩 - 横浜市
ゴミの「ふれあい収集」対象者名簿が所在不明に - 大阪市