Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警察庁、PLC狙う通信へ注意喚起 - 10月とは別メーカー

国内メーカーが提供するPLC(Programmable Logic Controller)を狙ったアクセスを断続的に観測しているとして警察庁が注意喚起を行った。同庁では10月にもPLCに対する不審なアクセスについて注意喚起を行っているが、別のメーカーだという。

問題のPLC製品は、独自プロトコルを使用。デフォルト設定で9600番ポートを利用しているが、同庁では2015年1月ごろより同製品を標的としたアクセスを観測している。

同製品に関しては、2月にモデルやバージョンといった情報を取得できるツール、さらに11月上旬には起動や停止などの制御が行えるツールが公開されたという。

またインターネットへ接続されている機器の情報を提供するデータベース「SHODAN」と見られるアクセスのほか、目的不明のアクセスも発生している。

同庁では、制御システムに対して不正アクセスが行われ、被害が生じる可能性もあると指摘。利用者に対して適切なアクセス制御を実施するよう
呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ