Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員による不正持出、約220万件の行政ファイル - 三浦市

神奈川県三浦市は、職員による不正な業務情報の持ち出しに関する調査結果を明らかにした。行政情報を含むファイル約220万件が持ち出されていたという。

問題となる不正持ち出しは、同市が業務用として貸与したUSBメモリを職員が私的に使用し、庁舎のパソコンから自宅へ持ち帰っていたもの。紙文書についても自宅に持ち帰っていた。

9月18日に発覚し、同市では事態を公表するとともに関連する職員への聴き取り調査を実施。持ち出された行政情報は約220万件で、現在も確認作業を進めているが、約14万2000件のファイルで個人情報を確認したという。現時点で、持ち出されたファイルの悪用は確認されていない。

同市では同職員に対し、11月27日付けで停職6カ月の懲戒処分を実施。同日付けで刑事告発を行った。同職員は同月30日付けで依願退職したという。

(Security NEXT - 2015/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

都立高から消えた「生徒個人カード」、一部を河川敷で発見
懲戒処分の検討契機に別職員による不正アクセスが発覚 - 小竹町
農業従事者の個人情報含む書類が所在不明 - 新潟県
教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大
小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
尼崎市全住民の個人情報入りUSBメモリ、カバンごと発見される
釜石市、職員2人を懲戒免職 - 全住民情報を持出、監査の不正操作も
従業員が退職時に顧客情報を持ち出し、入居者へ挨拶 - 東急コミュニティー