Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エプソンのプリンタユーティリティに脆弱性 - 対応モジュールを準備中

エプソン製プリンタのWindows向けユーティリティソフト「EPSON Network Utility 4.10」のパーミッション設定に脆弱性が含まれることがわかった。米国で脆弱性情報が公表されているが、国内向け製品にも影響があり、エプソンでは対応の準備を進めている。

同ソフトは、エプソン製プリンタにおいて印刷状況を表示するユーティリティ。パーミッション設定に問題があり、インストールした一部ソフトウェアをシステム権限で動作させる脆弱性「CVE-2015-6034」が存在。同ソフトを攻撃者によって悪意あるソフトウェアへ置き換えられると、システム権限でコードが実行されるおそれがある。

米国において脆弱性が判明。EPSONアメリカがアップデートを公開するとともに、セキュリティ機関が注意喚起を行っていた。

同脆弱性に関してエプソン販売によれば、日本国内向けの製品にも影響があるという。

同社では、脆弱性や対象製品について日本語による情報公開や、対応モジュールの配布に向けて準備を進めており、同社サポートページにて12月2日をめどに公開する予定だという。

(Security NEXT - 2015/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性
Google、「Chrome 90.0.4430.93」をリリース - 9件のセキュリティ修正を実施
都の医療従事者向け「ワクチン接種予約システム」に複数不具合
Apple、「iOS 14.5」をリリース - 脆弱性50件を修正
「Drupal」にXSS脆弱性、早急にアップデート実施を
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
「Pulse Connect Secure」脆弱性で国内法人もアナウンス
法人向けトレンドマイクロ製品の既知脆弱性を狙った攻撃が発生
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ390件の脆弱性を修正