Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内ITインフラサービス市場、セキュリティ分野は成長率上昇の見込み

国内のインフラストラクチャサービス市場において、2015年以降に成長率の上昇が期待される分野は、セキュリティサービス市場のみであるとの調査結果をIDC Japanが取りまとめた。

同社では、「ITインフラストラクチャコンサルティング&インテグレーション」「ITインフラストラクチャアウトソーシング」「ITインフラストラクチャサポートサービス」「ITインフラストラクチャセキュリティサービス」の4分野を「国内ITインフラストラクチャサービス市場」として定義。

2014年の同市場全体の規模は2兆4035億円。2019年までの年間平均成長率は2.1%で、2019年には2兆6,732億円へ成長すると見込んでいる。

今後、非クラウドのインフラ構築案件の減少などによりコンサルティングやインテグレーション、ハードウェアのサポート保守などの市場成長率が低下する一方、同社は、注目分野として「ITインフラストラクチャセキュティサービス」市場を挙げている。

市場規模は他市場と比較して大きくないものの、高成長率を期待できると指摘。2015年以降に、唯一成長率が上昇すると見ており、2014年から2019年の年間平均成長率を5.9%と予想している。

(Security NEXT - 2015/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、リモートや管理者アクセス時の「単一要素認証」を悪習リストに追加
「Kubernetes」環境のセキュリティ堅牢化を - 米政府がガイダンス
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
米政府、「PrintNightmare」で緊急指令 - 複数攻撃者が悪用
米政府、サイバー空間の「バッドプラクティス」をリスト化
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
防御演習「CYDERオンライン」ベータ版受講者を募集 - NICT
警察庁、犯罪インフラ化する「SMS認証代行」の取り締まりを強化
「Interop Tokyo」の「ShowNet」解説イベント、4月22日にオンライン開催
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起