Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テロ警戒で不安を煽りマルウェアを拡散させる攻撃

テロへの警告に見せかけたメールでマルウェアに感染させる攻撃が発生している。関係者や受信者の名前を記載することにくわえ、テロへの不安に便乗するなど心理的な隙を突いていた。

攻撃を確認したシマンテックによれば、問題のメールは、発信元としてアラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察関係者を偽装。件名には標的となった企業の従業員名を用いるなどソーシャルエンジニアリングのテクニックを利用していた。

さらに問題のメールでは、テロへの警告により不安を煽る内容で、2件のファイルを添付。セキュリティ対策のヒントに装った添付ファイルを開かせようとするが、実際はひとつの添付ファイルがトロイの木馬「Jsocket」だった。同マルウェアは、「AlienSpy RAT」の作成者が開発したとして知られており、複数のプラットホームに対応。感染端末へ外部からリモートアクセスが可能となる。

攻撃対象は、UAEのほか、バーレーン、トルコ、カナダなどで、各国の法執行機関や実在する関係者の名前を用いているという。行政や軍事のほか、エネルギー、金融といったインフラ、マーケティング、ITなどのセクターが狙われていた。

問題のメールは、身を守るための有益な情報に見せかけているため、受信者が有用なメールと勘違いし、メールを転送してしまうことで被害が拡大するケースがあると指摘。日本を対象とした攻撃は確認されていないが、今後注意が必要だ。

(Security NEXT - 2015/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

同業者装いセキュ研究者に忍び寄るサイバー攻撃者 - 解析情報にワナも
約5.3億件のFacebookユーザー情報が流通、日本は約42万件 - 人口上回る国も
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
活動再開「Emotet」、1000社以上で観測 - 発見遅らせる機能強化も
「Emotet」だけじゃない - メール返信偽装、PW付zipファイル悪用マルウェアに要警戒
新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
テレワーク環境でマルウェア感染、社内に拡大 - 三菱重工
Facebookの「WordPress」向けプラグインに脆弱性 - チャット乗っ取りのおそれ
活動再開のEmotet、2月以前に窃取したメール情報を悪用するケースも
「Emotet」の脅威 - 組織やビジネスへの影響を考える