Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OMCカードのフィッシング - 規約同意ページも盗用

OMCカードの利用者を狙うフィッシング攻撃が発生している。11月前半にフィッシング対策協議会が同様の攻撃について注意喚起を行っているが、引き続き攻撃が発生している模様だ。

20151124_ap_001.jpg
盗用された規約同意ページ(画像:フィッシング対策協議会)

一連のフィッシング攻撃では、同カードの会員向けウェブサイト「OMC Plus」の偽サイトを設置。フィッシングメールで「第三者によるアクセスが確認された」などと不安を煽り、「登録IDを暫定的に変更した」などと説明。「任意のIDへ再変更をお願いします」などと騙して誘導する。

問題の偽サイトでは、同意ボタンがある規約ページも盗用。正規サイトであるかのような印象を与える一方、再登録としながら「新規会員登録」といった記載が残るなど、単なる盗用でずさんな一面も見せる。またフィッシングメールには、「ID?パスワード」など文字化けが生じていた。

同協議会では、11月24日の時点でウェブサイトの稼働を確認しているとして、注意を呼びかけるとともに、類似した攻撃へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
複数クレカブランドでフィッシング攻撃 - 本文でアクセス促さない「さりげない手口」も
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA