Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OMCカードのフィッシング - 規約同意ページも盗用

OMCカードの利用者を狙うフィッシング攻撃が発生している。11月前半にフィッシング対策協議会が同様の攻撃について注意喚起を行っているが、引き続き攻撃が発生している模様だ。

20151124_ap_001.jpg
盗用された規約同意ページ(画像:フィッシング対策協議会)

一連のフィッシング攻撃では、同カードの会員向けウェブサイト「OMC Plus」の偽サイトを設置。フィッシングメールで「第三者によるアクセスが確認された」などと不安を煽り、「登録IDを暫定的に変更した」などと説明。「任意のIDへ再変更をお願いします」などと騙して誘導する。

問題の偽サイトでは、同意ボタンがある規約ページも盗用。正規サイトであるかのような印象を与える一方、再登録としながら「新規会員登録」といった記載が残るなど、単なる盗用でずさんな一面も見せる。またフィッシングメールには、「ID?パスワード」など文字化けが生じていた。

同協議会では、11月24日の時点でウェブサイトの稼働を確認しているとして、注意を呼びかけるとともに、類似した攻撃へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「未払い料金ある」「給水停止予告」とだます偽水道局のメールに注意
日本赤十字社のフィッシングに注意 - 実在する寄付サイトを偽装
りそな銀装うフィッシング - クレカ情報の入力求める
「CODE BLUE 2022」の全24セッションが決定
GMOあおぞらネット銀のフィッシング - 「確認しないと利用制限」と不安煽る
フィッシングサイトの8割強がクレカブランドを標的に
フィッシングサイトのURLが過去最多を更新 - 同一IPアドレス上に大量設置
フィ対協、フィッシング対策セミナーを11月にオンラインで開催
フィッシング悪用ブランド、「au」が世界2位 - 「Emotet」国内活動は7割減