Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PCの挙動を監視、脅威を検知する新製品 - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、エンドポイントの挙動やネットワーク監視製品との連携により脅威を検知するセキュリティ製品「Trend Micro Endpoint Sensor(TMES)」を11月25日より提供開始する。

同製品は、標的型攻撃など高度な攻撃を検知するためのエンドポイント向けソフトウェア。エンドポイントにインストールするエージェントと、管理するマネージャソフトウェアで構成されている。

エージェントソフトが、エンドポイント内でのレジストリ変更やプロセスの生成、権限昇格といった挙動を記録。同社のネットワーク監視製品との連携などにより、不審な活動を可視化、解析することで脅威を検知する。

価格は、100ライセンスを購入した場合、初年度98万2800円から。同社では、今後3年に10億円の売上げを目指す。また同社は、同製品について「ウイルスバスター コーポレートエディション」や解析製品との連携など、機能拡充を進めていく予定。

(Security NEXT - 2015/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ
EDRの調査や修正機能を強化 - ソフォス
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
ブラウザ分離技術のLight Point Securityを買収 - McAfee
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も