Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FFRI、ネットワーク組込機器向けファジングツールに新版

FFRIは、ネットワーク組み込み機器向けのセキュリティ検査ツール「FFR Raven 1.5」を提供開始した。

同製品は、同製品は、ネットワーク機器や携帯端末、情報家電などに対し、異常なパケットの組み合わせを自動生成して送信し、脆弱性を検出するファジングテストツール。最新版ではSDKをあらたに用意しており、独自のファジングモジュールを開発することが可能となった。

またテスト終了時に外部プログラムの呼び出すことが可能。死活監視により対象機器の停止を確認し、外部プログラムを呼び出して機器を再起動することもできる。テスト終了時には検査結果をメールで通知できる。

(Security NEXT - 2015/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

山口県のクラファンサイトで個人情報を誤表示 - CDNで意図せぬキャッシュ
サイバー防御演習「CYDER」の受講受付を開始 - 新コースも
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
Interop Tokyo、セキュリティ部門で4製品がアワードを受賞
凸版印刷とNICT、「耐量子 - 公開鍵暗号」の技術確立で共同研究
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
不正アクセスでスパムの踏み台に - システム開発会社
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー